転職して年収600万円は都市伝説か?実際に転職してみた

転職して年収600万円以上になる方法と職業について解説します。

<?php the_title(); ?>

転職して年収600万円を目指せる仕事

転職して年収600万円以上は可能?

今の会社の待遇に不満を感じている人が沢山いますが、それでも転職をすることに躊躇してしまう人は多いです。
今の会社を辞めて他社に転職をして上手く行くとは限らないので、二の足を踏んでしまう人が沢山いるのです。

しかし自分の能力に自信を持っているのであれば思い切って転職をするのも一つの方法で、それにより今よりも年収を大幅にアップさせることも夢ではないです。
中には年収600万円以上を約束している会社も沢山あるので、本気で転職を考えている人は色々と情報を集めるのが良いです。

特に最近ではインターネット上に年収600万円以上の求人情報サイトが沢山あるので、そのようなサイトを利用するのも一つの方法です。
職種も色々とあるので本当に自分のやりたい仕事を見つけることができますし、その上年収が大幅にアップするのですからこれほど良いことはないです。

もちろん600万以上稼ぎとなると大変なことも沢山ありますが、本当に遣り甲斐を持って働きたいのであれば転職を考えるのも良いと思います。

転職で年収アップを狙う人は、内定後の年収交渉まで気を引き締めて頑張りましょう。
【体験談】転職で年収アップするため実際やった交渉方法をまとめてみた

営業職で年収600万円を目指すには?

営業職で年収600万円を目指す方法ですが、完全歩合制の営業マンになることです。営業をがんばればがんばった分だけ、お給料が増えます。

ただし、完全歩合制の仕事は、売り上げによって給料が上下するシステムになっていますから、売り上げが悪ければ給料は下がります。コミュニケーション能力が高く、営業力のある人が有利な仕事です。売り上げを上げるためには、自分の得意な分野の仕事に就くことでしょう。自分が売れると思える仕事に就かなければ、売り上げは上がりません。

年収600万円もらえる仕事にどのようなものがあるかですが、業界的には不動産、保険、美容などになります。契約金額の大きな仕事でなければ、売り上げを上げることは難しいでしょう。大口のお客様をつかまえることが、売り上げを上げるための近道です。、完全歩合制の仕事は辞める人が多いため、転職しやすい職業です。年収を上げたいと考えている人は、転職してみるとよいでしょう。

IT業界で年収600万円を目指すには?

IT業界は、一般的に高収入というイメージがあります。
その中でも、SEは稼ぎやすいといわれています。
年収600万ということは、月40万+ボーナスということなので、手取り自体はやや下がるものの、この額自体はさして珍しい物ではありません。

新入社員からでも、早ければ5年くらいで達成できます。
役職が付かなくても可能ですし、係長クラスになれば、年収は800万にも届きます。
ただし、これらは新卒の話であり、中途採用の場合はまた変わってきます。
何よりもキャリアとスキルが重視されるので、それらを持っていないと厳しいでしょう。

また、会社の大きさなども影響してきます。
東証一部に上場している企業もしくはそのグループ企業であれば、5~10年もあれば達成できます。
とはいえ、その額を貰うということは、倍の売上を上げる必要があるので、1200万は稼ぐ人材でなければなりません。
となると、単なるプログラマーにとどまらず、部下などを管理できる能力も求められます。

30代で年収600万円を目指すには?

年収600万を実現できるのは、やはり大手企業への就職でしょう。
新卒時から就職できれば良いのですが、大企業の中には新卒採用以外は採用しない所もあり、
社会人が大企業へ転職することはかなり難しいとも言えます。

その他で言えば、弁護士、司法書士、行政書士などの難しい資格を取得すれば高収入を狙えます。
こちらも難易度が高いうえに、資格を取得したからといって必ずしも稼げるといった保証はありません。

ただ、逆に言えば600万どころか数千万の年収も夢ではありません。
これらの中でも最近話題なのが、サラリーマンの投資や副業です。
少額投資非課税制度のスタートをを受けて、投資に対する関心が高まっていますが、投資や副業
どちらにしても、様々なリスクが付いてまわるのはやむを得ないと言えます。

国内の平均年収が400万と言われているいる現在では、どの方法を選択するにしても、それなりの労力と
リスクを覚悟しなければいけないという事になります。

年収600万円以上が目指せる職業は?

年収600万円という金額は平均よりも多く、手取り額で500万円程度にもなりますので、ある程度生活の余裕も感じられるレベルの年収であると言えます。
給与所得者の平均年収は400万円台ですので、一般的な会社員であれば達成することは簡単ではありませんが、決して無理ではありません。

代表的な年収600万円超えの職業として挙げられるのは、一部上場企業など大企業の課長クラス、薬剤師や看護師などの専門職などが挙げられます。ただしこれらの職業も年齢が若かったり経験年数が少なかったりすると、600万円を超えない可能性があります。

年齢や経験年数を重ねることによって給与がアップする代表的な職業は公務員です。特に行政職よりも支給額の高い給与表が適用される公立学校の教員や警察官などは、40歳を過ぎると700万円から800万円クラスも狙えます。採用や転職に関しては一筋縄ではいきませんが、目指す価値のある職業であると言えるでしょう。

ページ上部に